RAPID SHIELD (ラピッドシールド)塗工図

ベースコーティング

RapidShield Q1-HB

すべての工法におけるベースコートで60-100μの塗膜を形成します。柔軟性のあるQ1-HBは様々な衝撃から塗膜を守る重要な働きをします。また、厚く硬化できるQ1-HBはコンクリート面の細かいクラックや穴を埋める重要な働きもあります。

クリアー仕上げ

RapidShield Q1-C

Q1-HBのベースコートの上に60-100μのQ1-Cをコートしクリアー仕上げにします。カラーを必要としない場合はこのクリヤー仕上げとなります。また、骨材を撒くことで簡単に防滑り仕上げにすることも可能です。この防滑硬化は水で濡れていても0.8-0.9の滑り係数を発揮します。また、Q1-Cはリコートが可能な樹脂ですので将来的にリコートが必要になっても容易にリコートが可能となります。

カラーライン仕上げ

RapidShield Q2-Coloer

カラーライン仕上げはQ1-HBのベースコートの上に60-100μのQ2-カラーをペイントしTOPコートのQ1-Cで挟み込む工法です。ベースコートとTopコートの間にパウチするような形で仕上げるためチッピングがおきません。また、時間のない施工現場でもカラーUVコーティングはその特性を生かしスピーディーに仕上げることが可能です。

オールカラー仕上げ

RapidShield Q2-Coloer

オールカラー仕上げはQ1-HBのベースコートの上に60-100μのQ2-カラーすべての床にペイントしTOPコートのQ1-Cで挟み込む工法です。ライン仕上げと同様にベースコートとTopコートの間にパウチするような形で仕上げるためチッピングがおきません。また、お客様のご要望でどのような色も配合可能です。

オールカラー+カラーライン

RapidShield Q2-Coloer

オールカラー+カラーライン仕上げはトータル7層仕上げの工法で、Q1-HBのベースコートの上に60-100μのQ2-カラーすべての床にペイントし、その上に必要なラインやサインをペイント、最終的にTOPコートのQ1-Cで挟み込む工法です。TOPコート施工時に骨材を撒けば部分防滑り仕上げにもなります。お客様の理想通りの仕上げが可能となります。

お問合せはこちら



インフォメーション




株式会社グリーンサイドは常に新しい技術を追い求め、お客様にご提案してまいります。