ウルトラUVコーティングは塗料を瞬時に固める最新コーティング技術で、床や壁等を長期耐久かさせることができます。また、骨材(砂やアルミの粉)を使用しての滑り止め加工など様々な分野に応用できる米国の最新技術です。
あざまHP

無溶剤樹脂
これまでの現場施工用UVコーティング樹脂は高分子タイプで粘性が非常に高いため、シンナーやアルコールで希釈して塗布していました。本システムで使用する樹脂ULTRACURE(ウルトラキュアー)は低分子タイプの樹脂ですので水のように塗りやすく、揮発性溶剤で希釈する必要がありません。
健康や環境に配慮
地球環境が問題になっている中、CO2排出が問題視されていますが、実はCO2よりも大きな問題は揮発性有機物、いわゆるVOCsの問題です。塗料や洗浄剤(アルコール、シンナー等)に含まれる揮発性有機物は環境だけではなく人や動物への健康にも重大な問題を引き起こします。ULTRACUREは揮発性有機物をせない健康や環境に安全な樹脂です。
揮発性溶剤が残留する危険がありません
溶剤系樹脂は溶剤が残留し、完全に溶剤が揮発するには年月がかかり、一説には5年程度かかるといいます。これはクラック(亀裂)やチョークング(表面が粉っぽくなる現象)、黄変(紫外線の影響)にもつながります。無用剤樹脂はこの点でも安心です。

セッティング時間不要で施工がスピーディー
ULTRACUREは無溶剤タイプですので塗布後のセッティング時間(揮発溶剤を乾燥させる時間)が不要です。通常、溶剤系UV硬化樹脂はセッティングに約1時間を要しますがULTRACUREは塗布したらすぐにUV照射が可能です。
低臭なので近隣に迷惑がかかりません。
ULTRACUREには揮発性溶剤が含まれていませんので低臭で臭いが広がりません。ホテルや病院、地下鉄の駅等でもご採用いただいています。
ホコリが入りにくい施工システム
溶剤系UV硬化樹脂はフローリングなどに施工する場合、約50g/㎡(厚さ約50ミクロン)塗布し、乾燥後(揮発後)約15ミクロンになったところにUV照射するため、乾燥中にホコリやゴミが混入してしまいます。ULTRACUREは最初から10-15ミクロンで塗布しますのでホコリが乗っても樹脂に食い込みません。
白化現象がおこりません
溶剤系樹脂は乾燥中、母材や母材表面のWAX(剥離しきれないもの)などに反応し、真っ白に白化してしまうことがあります。無溶剤であるULTRACUREは白化のリスクがほとんど無いため安心して施工ができます。
母材を選ばないので様々な場所で施工可能です。
溶剤系UV硬化樹脂は染込む母材には使用できません(乾燥中に樹脂が母材に染込んでしまうからです)。ULTRACUREは塗布後すぐにUV照射可能なので、無垢板やコンクリートなどにも塗布ができます。また、タイルや鉄、大理石などにも塗布が可能ですので施工範囲が広がります。


無料公開.png

お問合せはこちら



インフォメーション



株式会社グリーンサイドは常に新しい技術を追い求め、お客様にご提案してまいります。